タワーマンションの低層階を売却するなら業者選びが大切!

 

「タワーマンションっていくらくらいで売れるんだろう?」

 

となれば、マンション査定&売買仲介してくれる不動産屋さん探しをするはずです。

 

ここで

 

「面倒だから、近所の不動産屋さんに連絡すればいいんじゃないの?」

 

とあなたは思っていませんか?

 

もちろん、それでもいいのですが・・・
不動産業者選びを間違えると

 

数百万円以上の大損失!になる恐れがあります!!

 

特にタワーマンションは高層階・低層階関係なく、高額査定になりやすいため、
業者さんの選び方ひとつで、売値が大きく変動します。

 

ネットの力で業者探しはかんたん解決!

 

「うーん。でも業者ってたくさんあって、どこに依頼していいかわからない!」

 

ご安心してください!

 

  1. わずか60秒の入力で複数社に一括依頼!
  2. 複数の業者に競争で査定額アップも!
  3. 悪徳業者は排除!

 

それらを実現するサービスが無料の不動産の一括査定サイトです。

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

※査定結果も大切ですが、それ以上に”相性がいい担当者”選びはかなり大切です。

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】https://sell.yeay.jp/

 

マンション売却基礎:知識

 

タワーマンションのメリット・デメリット

 

タワーマンション

 

 

超高層マンションであるタワーマンションに憧れる人は多いでしょう。

 

特に上層階の眺望は格別なものがあり、まるでそこに見えている景色が自分のものであるような錯覚を起こすほどです。

 

そのような昼間の眺望もさることながら、夜になるとみることが出来る町の夜景もまた素晴らしいものです。

 

また夏場でも、窓を開けていても蚊などの虫が入ってこないというメリットや、ヒートアイランド現象によって暑苦しい都会の地表近くの温度とは異なり、上層階では涼しい風が通り抜けるメリットもあります。
このようにメリットが多く目につくタワーマンションですが、住んでみるとわかるデメリットというのも存在します。

 

実は上層階であるほど、外出時に時間がかかるという点です。特に忙しい朝の通勤通学時間は、エレベーターの混雑もピークとなります。

 

各階に停まることも多くなり、どうしても地上に降りるまでに時間がかかってしまいます。そのために余裕を持って玄関を出ることが要求されます。

 

また、マンションの規約で禁止されていることも多い洗濯物の制約もデメリットと言えるでしょう。

 

せっかく晴れていても外に洗濯物を干すことは禁止という事多く、ふとんも日光に当てることは出来ません。

 

上層階では景色が良いために、バルコニーをリビング代わりに使うことがおすすめなようですが、
実際には風が強く、物を置いておくのは危険であることが多いようです。

 

 

マンション売却時の必要書類一覧は何?

 

必要な書類を考える人

 

基本的にマンション売却時の必要書類は、売主に関する書類、権利関係書類そして建物に関する書類です。

 

まずは、身分証明書、売主本人の確認書類である、実印と印鑑証明書や住民票になります。

 

ただし、売却するマンションが共有名義となっているケースでは、共有者全員の書類が必要になりますので注意して下さい。

 

また、住民票や印鑑証明書は、書類に有効期限があるため発行から3か月以内の書類を用意します。
次に、マンションの権利関係書類として、登記済権利書もしくは登記識別情報です。

 

登記済権利書は、登記名義人がそのマンションの所有者であることを示す書類になります。

 

ただし、売却するマンションが2005年以降に取得している場合は、登記済権利書ではなく登記識別情報は発行されています。

 

この場合では登記識別情報を用意します。そして、固定資産税の納税額を確認するために必要となる書類として、固定資産税納税通知書と固定資産税評価証明書が必要になります。

 

この書類も有効期限がある点に注意して下さい。そしてマンション売却に重要な書類として管理規約や使用細則等の書類か重要です。

 

管理費を初めとして、修繕積立金や管理組合費、また町内会に属している場合は町内会費等を示す書類が重要になります。

 

 

【公式】https://sell.yeay.jp/

 

 

 

住宅ローン返済中でもマンションは売却できる?

 

人生において当初の計画にはなかった不測の事態というものは起こりえます。

 

急な転勤や転職で住む場所を変更せざるを得なくなってしまったり、ご家族の都合などでどうしても止む終えない事情というのは発生します。

 

住宅ローンは一般的に30年など長期間に渡って支払っていくことを設定される方が多いので、売却する際にまだ住宅ローンの返済中であるという方も珍しくはありません。

 

 

住宅ローンも支払いがほぼ終わっているような状態であれば、預貯金などを使って残りの残金を返済してしまうことも可能でしょう。

 

しかし、まだマンションの住宅ローンの支払い残額が20年分など多額に残っている場合は預貯金やその他の金融資産で補填することが難しいでしょう。

 

マンションの売却をして売却益で返済するという方法も取ることが出来ます。

 

しかし、購入価格よりも大幅に安い値段で売却してしまうと住宅ローンの残りのお金に関して金策しなければならないことになります。

 

そこで、住宅ローンを借りた金融機関と相談した上で、任意売却をするという方法を取ることも出来ます。

 

任意売却は一般的に住宅ローンの借り手と金融機関の間に不動産会社を入れて売却を進めるもので
、借り手にとって有利な条件で話しを進めることが出来る可能性があります。

 

 

マンション購入時の不動産取得税とは?

 

マンション購入時には不動産取得税が課税されます。

 

これは、売買のほか贈与などで不動産を取得した時、あるいは新築や増築した時に課税されるもので、地方税の一つとなっています。

 

ただし、相続で取得した不動産に関しては、不動産取得税は課税されませんが、相続税が課税されます。課税するのは都道府県になります。

 

納税は基本的には該当する不動産を取得して6か月から1年ぐらいの間に届く納税通知書を使って金融機関で納付することが一般的です。

 

税金の計算の基礎となるのは毎年課税される固定資産税の評価額が基本となります。

 

その評価額の4%が標準税率となっていますが、
平成29年現在では特例により税率が軽減されており、土地及び住宅では3%の標準税率となっています。

 

この特例は平成30年3月31日までの予定ですが、
今後の変更もあるかもしれません。さらに、住宅購入などの不動産売買は単価も大きく経済に大きな影響を与えます。

 

したがって国の政策としても住宅取得は促進していきたいとの方針から、ほかにも不動産取得税の軽減を図る方策がとられています。

 

認定長期優良住宅の軽減など、不動産によってその制度がやや複雑になっていますので、
不動産の購入などでは仲介する不動産業者などにどれくらい不動産取得税が軽減される物件なのかも確認するとよいでしょう。

 

 

自宅マンションを売る or貸す※どっちがいい?

 

自宅マンションを売るのと貸すのはどっちが良いのかを迷ったとき、その物件に将来的に住みたいかどうか、物件として残したいのかどうかを目安に決めるのをお勧めします。マンションは一軒家と異なり維持費が高めです。管理費や修繕積立費は年間で数十万円にも上るのが普通ですので、長く所有する際のデメリットとしてこうした維持費を支払い続けなくてはならない点があります。

 

しかし、立地の良いエリアに位置するマンションの場合、賃貸に出すことでかなりの家賃収入を得ることが出来るのがメリットでもありますので、貸す場合と売却する場合、どちらが得になるのかを計算したうえで決めるのがポイントです。マンションはそのエリアの路線価によって価格が上昇したり下落したりすることがありますので、将来的な価値については正確にはわからない点が多いですが、維持費を払って持ち続けて賃貸に出したほうが儲かるのか、地価が上昇した時に売却したほうが得なのかを比べて選ぶのも良いでしょう。

 

マンションは定期的に修繕する必要があり、そうした費用の負担は住民の積立金から行われます。その他に固定資産税などもかかりますので、それなりの家賃をもらえる物件かどうかも重要です。

 

不動産売却の専属専任媒介(専任媒介)一般媒介の違い

 

不動産売却では、できるだけ高い金額で売りたいと考えるのが当然です。とはいっても、これまで不動産売買に関わったこともない素人が、自分で買ってくれる人を見つけて、しかも、こちらの言い値で売却できるかというと、現実には不可能です。
そこで、実際には売買を専門とする不動産屋さんに売却を依頼することになりますが、そのときの契約にいくつか種類があります。大きなものとして、専属専任媒介と一般媒介がありますが、その違いは自分でも買い主を見つけてもよいかどうかの自由度です。
専属専任媒介の場合は、契約相手は一社のみで、その契約した不動産屋のみが物件を売り出すことができます。専属専任媒介の場合は、不動産屋からすればその物件を売るのが自分たちだけなので、責任を持って売り出してくれることが多いです。ただし、一社専属のため、売却金額については業者のいいなりになってしまうこともあるのがデメリットです。
これに対して、一般媒介は、ある不動産屋さんと契約したとしても、同時に他の業者とも契約できます。つまり、1つの物件を複数の業者が売り出すことになります。この場合、専属でないために業者によってはあまりまじめに売り出さないこともあり、いつまでたっても買い手が付かないこともあり得ます。ただし、複数業者で売り出すことで、一方の業者の売り出し価格に不満がある場合は、他の業者を介して売却するという選択肢をとることができます。"